このページでは、ブランドバッグを高価買取してもらうためのコツを紹介します。

ブランド靴を高価買取してもらうコツ

ブランドバッグイメージ「この靴、もう履かないから処分したい」
「いただきもののブランド靴を、換金したい」

そんな風に思い立った日が吉日、ぜひ買取をお願いしたいものですが、いま一度現品のチェックを行ってください。
ちょっとしたお手入れで、査定額がグンとアップすることもあるのです。

チェックすべき基本の項目として「きれいな状態であること」「保存用の箱、袋、保証書などの付属品はできる限り揃えておく」「早めに買取専門店に持っていく」があげられます。

素材別ブランド靴の手入れ法

ひと口にブランド靴といっても素材はさまざま。使用中や査定前に行いたい、ブランド靴をきれいな状態にする、お手入れのワンポイントとは?
素材別に紹介していきます。

  • エナメル…湿らせた柔らかい布で、表面の汚れやホコリを拭き取りましょう。この時、エナメル用の無色のローションを使うとツヤ出しやひび割れ保護になります。
  • レザー…レザーのものは靴用ブラシや柔らかい布(※濡らさない)でホコリを拭き落します。この時、力を入れて靴を傷つけないように気を付けることが大切。最後に革靴用クリーナーで拭き取りましょう。
  • 起毛素材…専用のブラシで汚れを落とします。スエード、べロアには毛先が柔らかい物を選びましょう。また、防水スプレーは必ずかけておきましょう。起毛素材は水が染み込みやすい構造になっており、汚れとともに浸透してしまうと、靴に目立つシミができてしまうことがあるからです。
  • ラバー…ゴム専用のスプレーを布に染み込ませて拭き取りましょう。そうすることで、ラバーの劣化を防いでツヤをだし、汚れがつきにくくなります。ラバーの保管は日光やヒーターなどの熱に当たらないように、風通しが良く、湿気が少ない場所を選びましょう。

査定士のチェックポイント

持ち込まれたブランド靴。商品の状態はモチロンですが、査定士はどのようなポイントをチェックしているのでしょうか?

  • 流行のものか…新しいデザインであれば、それが流行っている内に買取に持っていきましょう。その時その時で流行があるため、時期が過ぎてしまうと買い取り金額が下がってしまいます。
  • 人気がある商品か…流行モノも人気ですが、定番のデザインや商品もやはり人気があり、買取価格が比較的高くつきます。
  • 季節に合っているか…季節外でも買取可能なところは多くありますが、サンダルであれば夏、ブーツであれば冬に持っていけば、買取価格が上がる可能性もアリ。

買取へ早めに持っていくことも大切ですが、時期を見極めることも、高価買取の要になってきます。

買取対象になるブランド

クリスチャンルブタン、プラダ、ディオール、ルイ・ヴィトン、シャネル、グッチ、トリーバーチ、アグ、サルバトーレフェラガモ、リーガル、ダイアナなど

人気のブランド

サルバトーレフェラガモ、クリスチャンルブタン、プラダ、ディオール、ダイアナなど